コレクション: Blaufränkisch ブラウフレンキッシュ

Blaufränkisch(ブラウフレンキッシュ)は、中央ヨーロッパ原産の品種種で、オーストリアの伝統的な品種です。
またZweigelt(ツヴァイゲルト)の親品種です。
Burgenland(ブルゲンラント)とCarnuntum (カルヌントゥム)でよく見られます。
栽培には労を要し、開花期の天候が冷涼だと花振いを起こしやすいそうです。成熟期は晩熟。

〇ワインの特徴
ダークベリーやチェリーのアロマがあり、酸もあります。
ストラクチャが密で、タンニンがしっかりとした、力強い、長熟タイプのワインが造られます。熟成するとヴェルヴェットのようになめらかになります。

〇果実の特徴
葉は大きく、五つの切れ込みがあります。
房は、大きく、枝分かれした円錐形で、中位の密度で実が成ります。
実は、丸く、青黒色です。

〇原産地
Österreich(オーストリア)

〇起源
Blauen Zimmettraube(ブラウエン・ツィメートトラウベ) x Weißer Heunisch(ヴァイサー・ホイニッシュ)

〇栽培面積
2,632.18 ha, 5.9%