商品情報にスキップ
1 1

赤ワイン

Prellenkirchen プレーレンキルヒェン 2019

Prellenkirchen プレーレンキルヒェン 2019

通常価格 ¥5,500
通常価格 セール価格 ¥5,500
SALE SOLD OUT
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。

残りあと 6本

Prellenkirchen プレーレンキルヒェン 2019

【ワインについて】

Carununtum(カルヌントゥム)地域を代表する黒ぶどう、Blaufränkisch(ブラウフレンキッシュ) の赤ワイン。
Spitzerberg(スピッツァーベルク)の南側で栽培された、10~30年樹齢の木のブドウを使用。
以前は、「Samt & Seide」という銘柄で売られていました。意味は、「ビロードとシルク」。
その名の通り、樹齢の長い木のブドウはシルクのような、樹齢の短い木のブドウはビロードのようなテクスチャーをもたらします。
ブルーベリー、黒すぐり、シナモンのニュアンス。舌の上に柔らかく乗ります。

手摘みで収穫し、ルモンタージュ(パンピング)や、加熱・冷却の温度調整はせず、自然な状態で穏やかに発酵、古樽で20か月熟成、無濾過で瓶詰めしています。


  • 品種: Blaufränkisch(ブラウフレンキッシュ) 
  • ヴィンテージ: 2019年
  • アルコール度数: 13.5%
  • 残糖度: 1.2g/l
  • 酸度: 5.7g/l
  • 容量:750ml


【ヴィンテージについて】

2019年は、春が長く、春の終わりごろには涼しく湿度がありましたが、夏は非常に暑く、乾燥しており、秋になると早々に涼しくなりました。
このように気象の変化が著しく、結果、複雑でエレガントなワインができました。
Spitzerbergの「2019年」は、2000年代で1,2を争うグレート・ヴィンテージとなっています。


【おすすめペアリング】

マルチにさまざまな料理に合わせられる。


【ワイナリーについて】

Weingut Dorli Muhr(ドルリ・ムーア)
ワイナリーがあるのは、Weinviertelの東部、ハンガリーとの国境まで車で25分、スロヴァキアの首都ブラチスラヴァまでも車で25分ほどのところに位置する、Prellenkirchen(プレーレンキルヒェン)。
ハンガリーの平原からの乾いた温暖な風と、北からの冷涼な風の影響を受ける地域で、赤ワインの銘醸地です。

Roterd(ロートエアド)の0.17haの畑からのスタートし、Muhr家は、100年以上Prellenkirchen(プレーレンキルヒェン)でブドウ畑を所有していました。1991年に女性醸造家Dorliがワイナリーを立ち上げ、運営。細かなこだわりを持ってブドウを栽培しています。2018年にビオの認証を受けました。

**これはお酒です。20歳未満の方の飲酒は、法律で禁じられています。

詳細を表示する